FC2ブログ

ホリえもん日記

ぽっくりしていってね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅茶に溶けるクッキーと、紅茶に溶けないクッキーとあるけれど、私にはどちらも優劣はつけられない・・・・調和と個々のすばらしさは別方向でなおかつすばらしいから。

盾、明日辺りから造ってみたい。といいつつ いつ作るんだ俺。

どうでもいいけど、こういう物を作ってサバゲに持っていった時、
なんだか故意にぶっ壊されそうで怖い。
と、取らぬ狸の皮算用をしている自分がいる。

自分、あんまりサバゲーには行かないからサバゲーについて語るには少し役足らずなんだけども、
その場のノリを作るのも、合わせるのも重要だ。
それはもはやゲームの勝ち負けを超えているし、そうでなければならない。
銃剣を構えて突撃した憂国の士(?)達はヒーローであり、彼らは救われなければならない。
すでにこの時、サバイバルゲームから一種のオリジナル・ヒストリカルゲーム・・いわゆる演劇にも等しい行為に成り上がっているのである。のだろうな。
あれ、この書き方どこかで見たことがあるぞ。どういうことだ。


とりあえず、今日は共産圏パスタを食べた。まっかっか。
唐辛子練りこんだパスタ、ですって。
湯で具合を見るためにかじったが辛い
これ、色だけではなく味も辛い。
でもミートソースは相変わらず旨かった。パスタおいしいです。

さぁ、明日はまじめにやりたい・・・・できるのかな。でも、
二代目が世界まるみえを見たいといってほとんど見られないくらいの確率で俺はやらないだろうな
スポンサーサイト
  1. 2008/12/05(金) 00:27:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔法弾は存在する。タイガー壊せるし。 | ホーム | 兵士の頭に雪は降る。容赦ない戦火をくぐり、赤熱した銃砲を包むように。兵士達は撃ち続ける。虚空の先、見えない敵…だがその先には敵が確かにいるのだ。1000m。轟く砲。小気味よい機銃の音。雪は降り続ける。彼方の敵を隠し、我々を隠す。 だがそこに銃の声が轟く限り、我々は返事をしなければならないのだ。将校が叫ぶ。撃て、撃て、撃て!祖国が為、家族が為、なにより我らが軍の為。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanikura.blog103.fc2.com/tb.php/91-2418725b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。