FC2ブログ

ホリえもん日記

ぽっくりしていってね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中二病というあくまで「他者の追従」とこの俺を一緒にしないでくれ。・・・そこまで俺は、温くない。だが改めて、この考え自体が中二ではないのだろうか。では何が中二なのか。それは誰にもわからない。そして最終的には無かった事にされる。そうだ。そうやってこの世に連なるあらゆる問題がどれほど黙殺されてきたことか。

豚の角煮がうまかったです。
帰りの矢先マスクの中でまだ薬膳臭がしてた。八角の威力恐るべし。
とんぽーろー。圧力鍋で僅か1時間程度の煮込みがあんなに柔らかトロトロの塊になるとは感動。
ブロックが100グラム88円だったのにも感動。
あれで是非ともおいしいおいしいビーフカレーとかを作ってみたいんだ。お金があればね。


さて。
トカレフはすばらしい
何の脈絡も無いけどこう書かないとなんか怖いんだよね。
これはスターリン時代のアレに似ている。
そう。賛同せねば粛清されるべしのあれだ。

尤もあの銃を修理したのは私だがな。

新入生では新しい銃ブームがあるようだ。
がんばった自分へのご褒美(笑)として銃を買うのも良いと思う。お勧めはやはりハドソンだ。
アレを一丁持った後のマルイ製の作動性に恐らく感動して泡を吹いて倒れるだろう。
そしてなぜこんなに動くんだ。今までやってきたことが馬鹿らしいじゃないかと絶望に打ちひしがれ、ハドソンの銃をその他のゴミのゴミ箱に徐に投げ入れて、足で蹂躙した挙句つばを吐きかけて何事も無かったかのように立ち去るのである。


タナカのカシオペアがどうやら黒認定されたようだ。買わなくてよかった。
ただ、個人的には今回は何か恣意的なものを感じざるを得ない。
しかし組合云々?メーカー同士のいざこざ?などと想像したが、恐らくそんなことではないと思っている。
尤も、平たく言えば一般に言われている通り「薬莢に硬質な物による力が掛かる」事が黒になったという理由と考えるのが自然だ。

考えてる事柄をここに書き連ねるのはやめるとして、気になるのはやはりマスメディアの書き方だろうか。
「本物と同等の威力」「弾が発射できる」という短絡的な見出しは見てるとやはり「ああ、またか」と思えてしまうのだ。
そして一番疑わしきが、何の事件も起こっていないのにいきなりマスコミにこう書かせてまで警察が取った黒措置。確かに事件が起こる前の対処としてすばやい対応だと言うべきなのかもしれないが、どうもそのネタが「ネットの書き込みでこのカシオペアが改造できる」という情報がはびこっていたからのようだ。
ここにもなんとなく怪しい空気がある。
無論この問題を「取り上げる側」云々でどうなるかと思っているわけではない。書き方をいちいちここで言う気も無い。ただブン屋は汚い職業であることは確かだ・・。おっとそれはどうでもいい。
トイガンメーカーは安全なエアガン・モデルガンを作るべき。
これは日本国民を相手にしている限りは破ってはならない法則である。
無論、今回の事もこれ一言で片付ける事はできる。危険だと思ったエアガンを黒認定する事で、事件の発生を未然に防げただろう。ただし世の中はちっともよくならないがな。それも「仕方ない」。「遺憾」だと思う。

個人的に「これは来たな・・」と思える商品がひとつ消えたのが気がかりだ。
リボルバーというカテゴリーに求められるものは、性能よりも「リアルさ」あるいは「造形精度」になるだろう。
そのためにどれだけのメーカーが頭を痛めたか。
その結果がどのような形であれ、今回の様な「出鼻をくじかれる」結果となったのは悲しい事だ。
だが言い忘れていたが、メーカーにも責任はあるだろう。これもまた必然だ。
タナカからは私がほしい銃が3種類くらい(ルガー・380オート・ブローニング・kar98などなど)出ているから、これでつぶれたりしたら悲しい。たぶんないなーとは思うが。




はい。どうしても「世の中はちっともよくならない」と書きたかっただけです。
本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/11(火) 01:27:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「真面目」という単語程、あいまいで身勝手なものはない。「努力」という単語程、他人を騙す為に使われる単語はない。 大体、上に立つモノが下に立つモノのことを考える事がありうるだろうか。彼が考えるのは組織利益だけでしかない・・・。 結局、「幸せ」になる事は自分自身でしかできないのだ。 しかしその明確な目標ですら汚されている現代。 それがモラルハザードだな。 | ホーム | すばらしきビーフシチューの味>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sanikura.blog103.fc2.com/tb.php/83-7777d15c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。