ホリえもん日記

ぽっくりしていってね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レビューしたいがデジカメが無い。

えー、MP44買いました。とだけ。
部内の人もだいたい知ってるんですけどね。
中華製の銃を買いました。
そして直しました。
買いましたとだけと書いた三行後にこれ。流石ダメ人間。


さて。例の公害グリースや飛ぶ逆転防止ラッチや
ひっかからないメインスプリングガイド、
なぜかはめる度にずれるトリガー
スプリング抜いちゃったよwww
堂々とぶった切られたメインスプリング
そして絶望的なのは
純正ノズルがこいつのシリンダーヘッドにはまらない

と戦う事6時間。
しかしながら何とか収めました。
今ではなぜかM4より調子が良くなっています
ぎこちなさが無いというか、何というか、
俺の今までの苦労はなんだったんだ
これからはこいつを使えという事ですね、解ります。

しかし強化メカボって本当なのかな。
まさかの8mm?軸受には驚愕しましたが。太すぎる。
最初見た時これ何?って思いましたよ。
例えるなら
M4のマガジンとバレットのマガジンを比べた時みたいな。
見たらちょいと上四本のネジを止める部分が分厚くなっていた。
尤もそこってクラック入って割れる部分だから、強化されているのはうれしいですね。
地味にパーツはまらないところあるけどね。

これにクラック入ったら私はもうシステマの青モーター辞めてハマー1100に逃げるわ。
スプリング、次はちょっと弱いの買いましょう。
ぎりぎり初速98とか97とか行くのは危ないので。まだ測定はしていません。一応威力はM4より下がっていますよ。シリンダヘッドと
あまりにきついのでノズルそのものを変えたからな
聞く人が聞いたらなかなかカオスな事してます。

後注記すべき点は、
ネジがすべてトルクスネジ。
マルイ電動のではありません。一回り小さいサイズです。
大事なことなのででかい文字で書きました。
六角ネジだと思っていた私は結局、メカボを開けるのにわざわざ六角レンチを削っていました。
だってはまんないんだもん。ひどいですよあれは。
メカボだけならまだしも
外装までそれでやるこたぁねぇだろ。

まぁ何がともあれ治ったのでよかったです。
トリガーばね無くてもちゃんと作動しててワラタwww
むしろトリガープル軽減という事で素晴らしい撃ち味です。次は何がいいでしょう。
MP40とか買っちゃいそうですね。

今回使ったモノは、ほとんどM4のパーツを流用しました。参考にはなりません。
パーツ類
システマの加速シリンダー。値段不明。
ちょっぱやピストンばね。
ライラックスのギア。セクターカットしてます。
ついでにセクターチップ。
接点の押す部分。
なんていうの?セレクターチップ?
タペットプレート
マルイの何かのノズル
とりあえずM3径のネジ。変えた方が良いです。中華メカボはミリねじなので変えるのは簡単ですね。
くらいでせうか。問題はここじゃないですね。あのパーツ類、見た目は荒いのですがそのまま使えます。ギアは結構良い代物だと思います。

ケミカル類
・よくわからないチューブ入りシリコングリース。800円
・シリコンスプレー 200円くらい
・パーツクリーナー。220円
おおよそ1時間かけて削った特製六角レンチ プライスレス
すべてホームセンターで揃いました。
シリコングリースは良い感じではありますね。
荒い方法ですが、ギアにはそのまま塗って、
ピストンにはシリコンオイルと混ぜて塗りました。シリコンオイルと混ぜる事により粘度に差を持たせようとしています。
効果があるかは不明です。

何気にこういうのレビュー書いたら役に立つのかなぁ。

ヤフオクを使おうと思ったらクレカが無いとめんどくさいのでできません。
クレカは出来れば持ちたくないのですよ。

本当はもっと実のある事を書きたいんです。
MP44のモーター接続部にモーター位置が調整できるイモネジがなぜか二つついてるよーとか
アウター外すのはネジの下にあるネジだよとか
まぁ、他の方が書いているブログに詳しく載っているのですけれどもね。

あー、手軽に使えるデジカメあればいいのに。
後部屋が片付いていればいいのに。
いずれにせよ
三万使ってしまいました。
今月は残念ですが財布を凍結させるしかありません。
給料日5日後の絶望。
これだから貧乏学生(というか貧乏フリーターか?)は溜りません。


しかしMP44調子良くなりました。
一応ですね。箱出しでもそれなりに調子は良かったんですよ。
でもノズルに穴空いてたりスプリングが下手にカットされてたりすると撃っててぶっ壊れる可能性の方が高いです。

やはり海外製は一旦開けなければならないでしょうね。
シム調整も私詳しいやり方知らないのですが、
一応くるくる回しながら入れてたらそれなりにはなりましたから。

変える必要があるパーツは恐らくチャンバー周りだと思います。
今回は書いたかな。チャンバーもM4のを流用しています。


不安だったんですが、接点系は案外しっかり作ってありました。驚きです。
はんだごてを買っておいたのですが使う必要がありませんでした。
モーター接続部もちゃんとコネクタで貼ってあり、抜いて刺して交換ができます。
改めて中華って怖いですね。
超力なんとか机モーターもいつの間にかラベルまで貼られてましたからね。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/17(土) 02:09:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。